効果的な防犯対策の防犯カメラを取り入れて安全を守る

設置する場所

防犯カメラを設置することで、家の防犯性は高くなりますが、家の中でも防犯カメラを設置する場所を間違えてしまうと無意味な存在となってしまいます。そうならないようにするためには、設置する場所として適切な場所を知っておく必要があります。防犯カメラを設置する目的は「空き巣を抑止する」ということです。つまり、空き巣が侵入すると考えられる場所に設置する必要があります。では、一般家庭に設置する場合、どういった場所に設置するべきか?いくつか適当な場所を紹介します。

玄関は、住人や来客が利用する場所です。しかし、空き巣の侵入も十分考えられます。玄関から侵入される場合には、ピッキング、サムターン回し、こじ開けというような様々な方法が考えられます。そのため、玄関に設置するのは有効です。また、玄関というのは屋外になりますので、設置する場合には防水性の高いものや暗視機能のあるものがよいでしょう。

車の中には金目の物は置いていないということでも、車自体高価なものです。大切な車を守るためにも防犯カメラを設置するとよいでしょう。特に、自宅から少し離れた場所に駐車場があるという場合には、何かあってもすぐに気づくことが出来ません。駐車場は、屋外や屋内でも薄暗い場所に存在することが多いので暗視機能の付いているタイプがよいでしょう。

ベランダは、洗濯物を干す場所です。そのため、人目につかない場所に設置されています。これは、空き巣からすると好条件です。よって、ベランダも防犯カメラを設置するべき場所に該当します。戸建てであればどの場所ない設置しても問題ありませんが、マンションの場合には設置してもよいかどうか近隣住人や管理人に相談するようにしましょう。ベランダも屋外となりますので、防水機能と暗視機能が付いているものがよいでしょう。